ホーム » 2018 » 4月

月別アーカイブ: 4月 2018

カテゴリー

カレンダー

2018年4月
     
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

お店の選び方

革製品は水洗いやクリーニングを前提としていないので、クリーニングに対して不安を抱く人もいるでしょう。デリケートなバッグクリーニングをお願いするお店を選ぶときはどのようなポイントがあるのでしょう。

革バッグのクリーニングは非常に高度なプロの技術が必要なので、技術の有無を見極めることが重要なポイントです。統一された技術がないので、お店によってクリーニングの方法や技術に違いがあります。過去の実績のビフォーアフターや、作業工程をホームページに掲載しているお店もあるので参考にしましょう

バッグクリーニングの料金は、実施メニューやシステムによって大きく変わります。希望のお店の実施メニューと料金システム、自分のバッグについてしっかり理解することがポイントです。バッグの大きさやブランド、素材で細かく値段が決まっているお店や、一定の条件なら料金が一律のお店、状態によって料金が変わるお店などさまざまです。色補正やしみ抜きなど作業内容も料金に影響するので、事前に実施メニューの内容を確認しましょう

時間に余裕をもってだすこともポイントです。繊細な手作業で行うバッグクリーニングは、完成までに1ヶ月前後かかる場合もあります

革製バッグクリーニングは汚れの除去や色補正も大切ですが、愛着あるバッグの革の風合いを損なわないことも大切です。不安や疑問点は事前に相談や見積もりをして、信用できるお店を選びましょう。

革製バッグクリーニング

革製バッグは触り心地も良く、使い込むごとに味がでるので思い入れも湧いてきます。高価なバッグもあり、大切に長く使うためにはメンテナンスが必要です。セルフケア以外にプロの行うクリーニングなどのメンテナンスはどういった内容なのでしょう。

革製バッグのクリーニングは、汚れてしまったバッグの風合いを保ちながら、清潔な状態に戻すメンテナンスです。最初に専用機械を使ってエアーで表面の埃やゴミを吹き飛ばします。埃がしっかり落ちたら専用の溶剤をブラシやスポンジにつけて汚れを落としていきます。汚れが落ちたら水で洗い流し、保湿作用のある液体にバッグを漬けて革に潤いを与えて乾燥させます。革は水や熱に弱いので、適切な溶剤を使い適温で乾燥させないと型崩れや革の傷みの原因になります。また、乾燥すると艶の減少やひび割れなど劣化を招くので、油による保湿が必要不可欠です

スポンジ革製バッグの色褪せや擦れを解消して、元の色の状態に近づけるメンテナンスが色補正です。バッグクリーニング後、下地を塗り、紙やすりやマスキングテープ、筆やスポンジを使いながら色を入れていき、乾燥させてから磨いて成形します。色はバッグに合わせてプロが調合し、仕上がりの風合いを考慮しながら定着させていきます。

お店によってはクリーニングメニューに色補正が組み込まれている所もあります。事前に内容を確認して革製バッグをクリーニングにだしましょう。

素材による違い

外でさまざまな状況に晒されるバッグはどんなに大切に扱っていても、汚れや傷がついてしまいます。愛着のあるバッグを長く綺麗に使用するためのバッグクリーニングは、洋服のクリーニングとどう違うのでしょう。

バックバッグクリーニングは素材によって方法が違います。布製のバッグは洋服のクリーニングと同様に丸洗いができます。部分的に革などが使用されているバッグは革から色がにじみ出たり革が傷んだりするので丸洗いできないなど、布製でも方法が事なる場合があります。色落ちや色褪せに対して、色補正を行ってくれるお店もあるので事前に確認しましょう。

革製バッグは表面に付いたゴミなどを取り除いてから、汚れや目に見えない汗、雑菌やカビなどを特殊な溶剤を使って取り除きます。内袋の埃にたまったゴミや埃、バッグに付いた臭いも落とします。乾燥後、バッグ専用の保湿剤などで革に栄養を与えながら磨いて完成です。風合いを損なわない様にクリーニングすることが大切です。色褪せや擦れ、傷などに対して、色補正を行ってくれるお店もあります。

自分でできる日々のメンテナンスもありますが、時にはプロならではの技術や溶剤によるメンテナンスを取り入れることで、バッグをより一層リフレッシュさせることが可能です。素材に合った正しいメンテナンスをして、大切なバッグを長く使いましょう。

バッグクリーニングでお手入れ

バッグは生活に密着したアイテムであると同時に、自分らしさも演出できます。特に革製のバッグは年月が経つごとに独特の味がでて、愛着も湧いてきます。革は正しいメンテナンスをしないと汚れやカビなどによって革本来の魅力が減ってしまいます。バッグを長く綺麗に使うためのお手入れに、バッグクリーニングによるメンテナンスがあります。

布製のバッグクリーニングは丸洗いできますが、部分的に革が使用されている場合などは丸洗いできないのでクリーニングの方法が変わってきます。革製バッグのクリーニングは専用機械や溶剤で手作業によって埃や汚れ、カビや雑菌を落としてから保湿します。両方とも素材によって方法が異なります。

革バッグのクリーニングは、エアーで表面の埃やゴミを飛ばしたあと、専用の溶剤をブラシにつけて汚れやカビ、雑菌や汗を手作業で落とします。汚れが落ちたら水ですすいで保湿液に漬け、乾燥させます。クリーニングは素材の汚れを落とすメンテナンスです。色褪せや擦れの色補正はクリーニングの後に職人が調合した色を定着させます。

お金クリーニングを前提としない革製バッグクリーニングは高度な技術が必要なので、過去の実績や実施メニューを確認して信用できるお店を選びましょう。料金システムはお店ごとに違うので、自分のバッグの特徴や状態と、お店ごとの料金システムと実施メニューを事前に確認して、時間に余裕をもってだしましょう。

メンテナンスによってお気に入りのバッグを長く綺麗に使うことができます。このサイトでは素材によるバッグクリーニングの方法の違いや、革製バッグクリーニングの内容とお店選びについてまで説明します。