ホーム » 未分類 » 素材による違い

カテゴリー

カレンダー

2018年8月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

素材による違い

外でさまざまな状況に晒されるバッグはどんなに大切に扱っていても、汚れや傷がついてしまいます。愛着のあるバッグを長く綺麗に使用するためのバッグクリーニングは、洋服のクリーニングとどう違うのでしょう。

バックバッグクリーニングは素材によって方法が違います。布製のバッグは洋服のクリーニングと同様に丸洗いができます。部分的に革などが使用されているバッグは革から色がにじみ出たり革が傷んだりするので丸洗いできないなど、布製でも方法が事なる場合があります。色落ちや色褪せに対して、色補正を行ってくれるお店もあるので事前に確認しましょう。

革製バッグは表面に付いたゴミなどを取り除いてから、汚れや目に見えない汗、雑菌やカビなどを特殊な溶剤を使って取り除きます。内袋の埃にたまったゴミや埃、バッグに付いた臭いも落とします。乾燥後、バッグ専用の保湿剤などで革に栄養を与えながら磨いて完成です。風合いを損なわない様にクリーニングすることが大切です。色褪せや擦れ、傷などに対して、色補正を行ってくれるお店もあります。

自分でできる日々のメンテナンスもありますが、時にはプロならではの技術や溶剤によるメンテナンスを取り入れることで、バッグをより一層リフレッシュさせることが可能です。素材に合った正しいメンテナンスをして、大切なバッグを長く使いましょう。