ホーム » 未分類 » バッグクリーニングでお手入れ

カテゴリー

カレンダー

2018年10月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

バッグクリーニングでお手入れ

バッグは生活に密着したアイテムであると同時に、自分らしさも演出できます。特に革製のバッグは年月が経つごとに独特の味がでて、愛着も湧いてきます。革は正しいメンテナンスをしないと汚れやカビなどによって革本来の魅力が減ってしまいます。バッグを長く綺麗に使うためのお手入れに、バッグクリーニングによるメンテナンスがあります。

布製のバッグクリーニングは丸洗いできますが、部分的に革が使用されている場合などは丸洗いできないのでクリーニングの方法が変わってきます。革製バッグのクリーニングは専用機械や溶剤で手作業によって埃や汚れ、カビや雑菌を落としてから保湿します。両方とも素材によって方法が異なります。

革バッグのクリーニングは、エアーで表面の埃やゴミを飛ばしたあと、専用の溶剤をブラシにつけて汚れやカビ、雑菌や汗を手作業で落とします。汚れが落ちたら水ですすいで保湿液に漬け、乾燥させます。クリーニングは素材の汚れを落とすメンテナンスです。色褪せや擦れの色補正はクリーニングの後に職人が調合した色を定着させます。

お金クリーニングを前提としない革製バッグクリーニングは高度な技術が必要なので、過去の実績や実施メニューを確認して信用できるお店を選びましょう。料金システムはお店ごとに違うので、自分のバッグの特徴や状態と、お店ごとの料金システムと実施メニューを事前に確認して、時間に余裕をもってだしましょう。

メンテナンスによってお気に入りのバッグを長く綺麗に使うことができます。このサイトでは素材によるバッグクリーニングの方法の違いや、革製バッグクリーニングの内容とお店選びについてまで説明します。